DESIGN to UK - デザインと英国

ロンドン在住デザイナーのユズハシがイギリスでの就職活動、仕事について書いてるブログです。

面接のときの服装、持ち物、注意点

f:id:yuzuhashiUK:20160524061959j:plain
面接まえはドキドキするけどここを超えねば何ともなりません。
この記事で書いていることは現地企業面接経験を元にしております。なので日系企業はまた違うかもしれないです。

面接の服装は?

僕が行った面接から感じたことは「スーツはやっぱり無難」という事です。
あと日本人=スーツが戦闘服というイメージも強いので特に「スーツとか退屈なんだよ!」と思われることなかったと思います。
ファッション業界などはまたすこし事情が変わってくると思いますが、スーツもしくはシャツに黒いジャケット、黒いカバンなどあまり奇を衒わずスマートに見える服装が一番かな。


もし日本からスーツを持って来ていない場合はオックスフォードストリートへ行けばスーツ屋(サヴィルローみたいなのじゃなく量産スーツ、安い)もあるしシャツはファストファッション店でも手に入るので面接決まる前に揃えるのが無難です。
またスーツが一着あるとフォーマルな場へいく時も服装で悩まなくて助かります。

シャツがしわしわとかはやはり目立つのでアイロンがもし家にあったら前日にアイロンかけてハンガーにかけて朝さっと着れるようにしておきましょう。

 

髪型、毛染めは?

日系企業はやはり黒髪、あまりチャラくない髪形が無難だと思います。日系企業勤務の方はやはり黒髪か染めてても茶髪くらいでしょうか…。

英系企業は髪型は清潔に見えるなら大丈夫だとおもいます。毛染めは多分、何色でも大丈夫です。クリエイティヴ企業は変わったな髪形も毛色も多いので…
僕は面接にいったときは髪の一部は青かったですが特に問題ありませんでした。
黒髪だともしほかにアジア系の志願者がいたらごっちゃになるかも…と心配し青に染めたのです、面接後、志願者をピックアップするときに「あの青髪の子」という風に覚えてもらえたら…というw
イギリスのCVには写真がのってないので見た目でちょっとだけ特徴をもたせて覚えてもらおうと思い、しかし服装でそれを表現するほどファッションセンスはないので安直に髪を目立つ色にしてみました。これが就職活動に対して良かったのか意味なかったのかはわかりませんが、そういう髪色でも大丈夫だった例ということで。

服装のところで「奇を衒わず」といいつつ髪色では奇を衒ってる、矛盾してますw
とにかくどんな服装、髪型、髪色でも自分らしくいることが大事です!と綺麗にまとめようとしてみる…。

 

注意点

腹が減っては戦はできぬ!
面接前は緊張であまりお腹がすいてないとは思いますが、チョコレートバーやバナナでいいので何か食べてから挑んだほうが良いです。
面接がはじまってすこし和やかな空気になって精神的にも落ち着いてくると急激にお腹がすいてしまう可能性があります。お腹の音を心配しながら面接なんて集中できません。それに糖分は脳へすぐ届くので集中するときにいいですよ。そのあとグッタリしますが面接を乗り切ったらゆっくり休んでください。


カバンの中身を把握しておくことも大切。
たとえばメモやCV、印刷ポートフォリオを出そうとしてカバンがぐちゃぐちゃでどこになにがあるかわからない場合、少しの間試験官から目をそらしアワアワする時間になってしまいます。
それよりもスッとだしてサッと見せたほうがやはりプロフェッショナルな感じがしますね。小さな所作だけどそういうもので人って「この人仕事ができそうだな」とか感じるものです。
あと面接のときって脳がやはり緊張してるので探し物がなかなか見つからないとパニックになる可能性もあります。どこになにをいれてるか、財布や鍵など直接面接に関係ないものはカバンの小さいポケットにまとめたり、女性が化粧品をいれている小さなカバン(ポーチ?でしたっけ…。プライマークで安くで売ってます)にいれてカバンにいれておくのもありです。

ケータイをサイレント設定に
あと意外に忘れがちなのは携帯を完全サイレントにすること。
面接中にヴゥーーーとなると全員、一瞬ですが「あ、携帯なったな…」と集中が途切れてしまいます。面接はキッチリやったほうがやはり印象に残りやすいので、そういう外的な邪魔はシャットアウトするようにしましょう。

 


前日に持ち物は全て準備、スーツは壁にかけてこう

面接前夜は持って行くもの全てをカバンにいれ一箇所にまとめ、スーツもすぐ着替えられるようにしておきましょう。
特に初めての面接は緊張するのでうっかり忘れ物をしやすいので、時間があるうちに準備をし朝は「着て、持って」だけで行けるようにするのが良いと思います。

準備をしっかりしていればうっかりミスを防げ、また自分の自信へと繋がります。
面接が決まると「ついにきたー…!」って気持ちになりますが、人間キンチョーするのが当たり前だと思って前日は出来るだけ準備をし、よく寝て面接に挑んでください。

f:id:yuzuhashiUK:20160531093152g:plain
- Design to UK -
Thank you for reading this to the end!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ にほんブログ村 海外生活ブログへ