DESIGN to UK - デザインと英国

ロンドン在住デザイナーのユズハシがイギリスでの就職活動、仕事について書いてるブログです。

イギリスでの就職活動おおまかな流れ

f:id:yuzuhashiUK:20160531194233j:plain


「さあ、就職活動始めよう!」と思ってもどういうプロセスで進んでいくかわからないと不安も多いはず。この記事では僕の就活を例にあげてプロセスを見てみましょう。就職活動は十人十色、何が正解で何が間違いかなんてありませんが参考になれば幸いです。

 

ナショナルインシュランスナンバー取得と銀行口座、携帯電話契約
イギリスで働くにおいて絶対に必要なのはこの3つ。

・ナショナルインシュランスナンバー
・銀行口座
・携帯電話

ナショナルインシュランスナンバー取得は電話→聞かれる事(名前・国籍・電話番号・住所など基礎情報)を答えたらアプリケーションフォームが送られてくるのでそれに記入→送り返す→ナショナルインシュランスナンバー発行完了!という流れです。
オーケイ!じゃあ仕事探そう!と言いたいのですが、アプリケーションフォームがいつまでたっても送られてこない場合があるので、その場合はまた問い合わせて「もう●週間もまってる!」と壮大にアピールしましょうw
僕の場合は1週間ほどかかりましたが、まれに一ヶ月かかることもあるそうです。

銀行口座開設が難しいといわれるイギリスの銀行ですが、僕の対応にあたってくれたおねえさんは日本人のお友達がいるらしくとても丁寧に案内してくれました。
日本人が多くすむエリアの銀行は日本人慣れしている可能性もあるので、もし塩対応されたら違うブランチにいって試してみるのもありです。

携帯電話は連絡手段に必須です。色々な携帯会社やプランがあり値段もピンキリです。
もし今現在つかっている日本の携帯がシムフリーの場合はこちらでシムカードだけ購入すればOKです。
 

CVとカバーレターの作成

CV(履歴書)とカバーレターは会社と自分を結ぶ一番最初のアイテムです。
何度かアプライして返信が来ないとかあまり良い感触がない場合は、この2つを色々な人(できればネイティヴか在英歴が長い方)にアドバイスをもらいながらどんどん改善していきます。

CVとカバーレターのサンプルはネット上に沢山ありますが、テンプレートを使うのではなく自分でデザインしたものを使うことをオススメします。
ジョブエージェントによってはPDFを受け付けていない場合があるので、ワードファイルも作っておくと応用が利いて助かります。


アプライ開始!
上記のことが準備できたら早速アプライしていきましょう。
まずは自分のやりたい仕事を取り扱ってそうなジョブエージェントへ登録です。
この場合、ジョブエージェント登録用の専用アドレスを作ることをオススメします。
毎日新しい求人のお知らせがどんどん届くので、プライベートアドレスと混合すると混乱します。

大手のMONSTERINDEEDあたりはクリエイティブ関係に特化しているわけではないですが、毎日多くの仕事が貼りだされます。

f:id:yuzuhashiUK:20160526072621j:plain

これはINDEEDに掲載されていた求人情報です。
このように会社の概要、仕事内容・タイプ、必要なスキルなどが書かれていますので自分のステータス、希望と比べながらアプライしたい仕事を探していきましょう。

お給料については様々な表記があります。

£●● a year=年収●ポンド
£● ph =時給●ポンド
Negotiation=交渉応じます
Competitive salary=高給

という感じです。イギリスは交通費が支給されないことが多いので、税金・交通費をマイナスした額を算出してそれで生活していけるか考えてアプライしましょう。
日系ジョブエージェントへ行った際「年収18Kポンド以上がお金のことでキリキリしないで生活できる金額です。それ以下だとお金の不安はずっとつきまといます」と聞きました。

アプライは気になった会社全てに送ったほうが良いです。
最初は身構えて一社だけ送って連絡を待つ…とやってしまいまそうですが、求人倍率が高いイギリスにおいてダメだった場合返事がこない事の方が多いし、返事がくるにしても1ヶ月かかるなんてことも!待ってる間鬱々とするより数打って就活が中だるみしないように気をつけたほうがいいです。就活は動けば動くだけ可能性がでてくるものです。
また面接をいきなり本命の会社でするよりも、何回か場数を踏んで慣れる事が大切なので、面接の機会をもらえたら行ってみてください。最初は怖いし緊張するけど一度やれば感覚がつかめます。


面接の連絡

面接の連絡がきたら日時の取り決めです。
日時を決める場合は3つほど候補の日時を知らせましょう。企業側の予定もあるので複数候補があったほうがアレンジしやすいです。
文面はたとえばこんな感じ…

Dear ●●(メールをくれた担当者の名前)

Thank you for your email.
I am available anytime next week.

Kind regards,

●●(あなたの名前)
電話番号
メールアドレス
ポートフォリオアドレス

 

さてこれに企業側から「何日はいかがですか?」と返信がきたら…

 

Dear ●●(メールをくれた担当者の名前)

Thank you for your email.

I would like to have the interview

Thursday July 13th:
10 am

What do I need to bring with me?

Kind regards,

●●(あなたの名前)
電話番号
メールアドレス
ポートフォリオアドレス


というように返信。
このあとにコンファームメールがきたら完了です! 



面接
面接には当たり前だけど遅刻しないように!w
服装や髪色などについてはまた別記事で書きます。



返事を待つ
面接が終わったらお礼のメールを企業にだして結果を待ちましょう。
結果は企業によりけり、早ければその日のうちに遅ければ3週間ほど待たされる可能性も!
また結果連絡なしというケースもあるので、ちょっと一休みしたらまた就活は継続して続けた方がいいと思います。


返事が来る - 採用の場合
採用の場合は会社側から「採用します。オファーレターを送りたいのですが、いかがですか?」というメールがきます。
ここでこの会社のオファーを蹴る場合は「面接をしてくれた御礼と、辞退する理由(他の仕事がきまりました、などが無難です)」を書いて返信しましょう。
オファーを受ける場合はオファーレターという書類一式が送られてくるのでアクセプタンスレターを返信します。これは「私はこの条件であなたのオファーを受けます」という契約書です。

返事が来る - 不採用の場合
不採用の場合、会社から連絡がこない場合があります。いわゆるサイレントお祈りというものです。あまりに面接結果の返事が遅い場合は一度メールか電話で問い合わせしてみましょう。選考中かもしれないし、結果は出てるけど連絡してないのかもしれません。
会社によってはフィードバック(面接での感想や改善点)を送ってくれる企業もあります。もし不採用でも次に生かせるようフィードバックを要請してましょう。
これも会社によりけりでフィードバックくれない会社も多いようです…。

出勤前に
初出勤の前に初日持っていくものがないか確認しましょう。
僕の場合は「パスポートをもってきてください」と言われました。


以上がおおまかな流れです!


f:id:yuzuhashiUK:20160531093152g:plain
- Design to UK -
Thank you for reading this to the end!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ にほんブログ村 海外生活ブログへ